on dyslexia

ディスレクシア
(読字障害、読み書き障害、失読症、難読症、学習障害、読み書きのLD)について、調べて分かったこと/実践したこと/英語から訳した文章をアップしています。

ディスレクシアとは:
-
​​
知能は普通だが、読み書きが苦手(誤字が多い、読み書きが遅い、読み間違いが多い)。
-勉強しているにもかかわらず、読み書きがなかなかできない状態を指す。知的障害ではなく、普通~ギフテッドのあらゆるIQにみられる。
-
​​
独創的で、​​対人能力が高い。
​​
全体像の把握、物事の関係性・ストーリーの把握、空間把握、ifを考えるシミュレーション能力
に長ける。
- ​音と文字の脳内での結びつきが弱いことから起こるらしい
- ​読み書きの困難は、日本語より英語に出やすい。その理由は、英語のほうが日本語よりも"音の粒"が小さいから​
- ​細​​​​かい聞き間違いがみられるが、音声情報の処理能力は高い
- エピソード記憶が得意。固有名詞などの細かい丸暗記は苦手
- 適切に対処すれば、読みの問題は表面上は克服される-
​ ​
10人に1人程度いるというのが通説
​。アメリカの調査では3人に1人とも
- 家族性であり、遺伝による​。ただしディスレクシアの表れ方は個人差が大きい



当ブログは、ディスレクシアはこれからの社会に不可欠な才能である、でも日々の学習では普通と違うアプローチが必要--という立場です。


2017-08-12

もじこ塾だより(2)、by笠野紺さん



骨導ヘッドホンは、ほんとうに不思議です。
私もこれをつけて、ときどき音読をしますが、私の場合はADHDならではのわちゃわちゃが減る、具体的には「自分の話し言葉をゆったりと受け止められるようになる」という効果がありました。
沈黙や間が怖くなくなりましたし、長母音をちゃんと伸ばせるようになったし、だいぶ早口がおさまったと思います(笑)。

たぶん、前より少しはわかりやすい話し方になったと思います。
生徒の反応も変わってきて、集団授業でも対話しながら進めることができるようになりました。

ここまで書いて、紺さんと同じことを、別の角度から言っていることに気付きました!
おそるべし。



この骨導ヘッドホン、気持ち悪いと言う生徒には無理強いしないのですが、
装着した生徒については・・・

・声がやたら大きい生徒につけると、穏やかで普通の大きさになる
・ものすごく小さい声で話す生徒につけると、声にハリが出る
・構音に困難のある生徒につけると、前よりしっかり発音できるようになる
・これを付けて音読すると、記憶の定着が進む

・・・という効果がみられます。

特に、正しく発音し分けられることは、正しく読めて書けるための前提なので
そこに働きかけることのできる骨導ヘッドホン、効果はかなり期待できると思っています。

骨導ヘッドホン(正式名称:プロナウンス)について、詳しくはこちら:
トマティスリスニングセンター東京→

~~~

紺さんには、もじこ塾の集団指導の部の、助手に入ってもらっています。
主に雑務をお願いしてますが、補助教員としての力もなかなかのもの。
フォローが必要な子の横にさりげなくついて、なだめたり切り返したり。
ディスレクシアの子の気持ちが、よ~くわかるのでしょう。


またこんな役割も・・・
紺さんは本当に音韻認識が弱いらしく、ぱっと言われたことがよく聞き取れないらしいのです。
「タイマー止めて!」と私が言ったとき、「はい」と言ったのですが、目の前にタイマーがあったのに、止めなかったことがありました。数秒後に、となりの生徒がさりげなく止めました。
あるいは、フォニックスビンゴで、読み上げられた単語がなかなか見つからず、やはり隣の生徒が「ここだよ」と教えることも何回かありました。

そんな紺さんの様子が、中学生ディスレクシアにとって、どれほど励ましと安心につながっていることか、はかり知れません。

いつからでも、その気になれば、人は変われるし、
何歳からだって勉強していいんですよね。(T T)
そんなメッセージを、生徒は紺さんから受け取っていると思います。

1 件のコメント:

  1. ついに、骨導ヘッド、入手しました!
    主に、下の子に使ってます。まだ、使用して間もないので、これといった変化はありませんが、嫌がらず使ってくれているのでホッとしました。
    上の子は、イライラするのか、投げ捨てられてしまいました💦
    聴覚の弁別の悪い下の子に効果が出るのを期待したいです。

    返信削除